ネイルの講師になりたい!それならJNA認定校氏資格試験があります

現役ネイリストとして活躍する中で、サロンを飛び出してネイルスクールの講師を目指せたら、そんな夢が生まれることは少なくありません。

ネイルスクールの講師として、ネイリスト検定の試験監督として、コンテストの審査員としてなど、活動の幅が広がるJNA認定講師。

キャリアアップも兼ねて是非手に入れておきたい資格の一つです。


将来的にJNA認定講師を目指すならJNA認定スクールへ通いましょう

JNA認定講師資格試験は誰でも受けられるわけではありません。

受験資格は、 受験日に満20歳以上であること ネイリスト技能検定1級に合格してから1年以上が経過していること プロのネイリストとして実務経験があること など、厳しい条件をクリアしたネイリストだけが試験へ臨むことができます。

これらの条件をクリアしていても、過去にJNA認定校を卒業していない場合、認定校でネイルケア、ネイルイクステンションについての実技を20時間以上受講する必要があります。

いつか講師になるかもしれない。

それなら合格率の高いJNA認定校でネイリスト検定を目指しましょう。

ネイルスクールの受講費は高額になりがちですが、JNA認定校を卒業しておくことで将来の受講料を抑えることができます。