ネイルスペシャリスト技能検定はプロを目指すネイリストのための試験です

NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション(INA)が行っているネイルスペシャリスト検定は、ネイル全般のスペシャリストとして必要な技術や知識習得を目的として、年2回の試験が行われています。

試験内容は学生、初心者向けのA級/SA級とプロフェッショナル向けのPA/AA/AAA級に分かれ、それぞれ学科と技能の試験の結果で、合否が決定します。

PA/AA/AAA級は特に難易度が高く、AAA級に合格できれば様々な分野で広く活躍することができるでしょう。


ネイリスト技能検定と、ネイルスペシャリスト技能検定。どっちを取れば良い?

ネイリストを目指し資格取得を考えた場合、どの検定を受ければ良いのか迷ってしまいがちです。

各ネイルスクールの受講料や合格率なども判断基準となりますが、それだけでなく将来的にどう資格を生かしていきたいのかを考えてみましょう。

ネイルサロンでネイリストとして働きたい!という場合にはネイリスト技能検定の2級以上を持つことで、就職先を見つけることができるでしょう。

ネイリストになるだけでなく、 周囲より優れた技術を持ちたい!

教える側を目指したい!

サロンでトップになりたい!

などの夢がある場合には、難関であるネイルスペシャリスト検定のPA/AA/AAA級に合格することで周囲から一目置かれる存在となれます。